読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しの沼

客席より愛を込めて。

担当と推しの話

若手俳優推しの方のブログって名前出さないのが多くて、それはそれですごくオシャレだなって思いますけど、ルールとかはないですよね???

ひとまず、ざっくりと誰推しかわかるように話します。

担当さん

Kis-My-Ft2というグループのメンバーです。

ジャニヲタでもなんでもなかった2005年の終わりくらいに存在を知り、2006年は茶の間で知識を深め、2007年からは現場へ。10年間間違えなく最優先してきた人。

多分変わらず好きなところは、芯がぶれない漢くささと、チャラ熱いところ、それからお尻から太もものパワーのあるダンスや殺陣の動き。

歌声や芝居は10年間の変化成長も含めて好き。嫌いになったところなんてない。

ただ、本人及び事務所がTVバラエティ路線*1に行こうとしているが、私はそもそもTVバラエティが苦手なので、こればっかりは相容れないところで。もしかしたら今後どこかの優先順が変わるかもしれないし、それでもやっぱり毎年コンサートに行ったり、舞台で観る彼は私が応援したいアイドルそのものなので、変わらないかもしれない。

 

みりんぼしさん(俳優の推し)

私はジャニヲタがテニミュに行ったら俳優にハマったとかそういうパターンでは全くなくて、そもそも舞台が好きで、俳優の推しは複数いますがなんだかんだでここ数年で一番優先してきたのが、みりんぼしくんです。

歌声と演技が特に好みで、ダンスも上手いな〜と板の上の彼は本当に好きなのですけど、その分、板から降りるとがっかりすることと楽しいことが同時にくる人。

ファン歴は2011年くらいから。担当のデビュー決定前後に存在を知って興味を持ちました。担当はデビューは決まったもののいつCDを出すのか含めて、先がまだ見えないタイミングだったこともあり、ヲタク的に手持ち無沙汰というか要するに暇だったんですけど、そのタイミングでみりんぼし君は一つの転機を迎えていました。*2

それを知って応援したいと思うようになり、以来、割と舞台に行っています。

と言っても、実は転機を迎えたと思ったのに、そこから結構停滞もしていて。特に去年今年(2015-2016)の前半は仕事内容に閉塞感すら感じ、行く舞台も減らしていました。

しかし、そんな中、真の人生最大の転機。2016年7月28日、彼は帝国劇場の、しかも「レ・ミゼラブル」のプリンシパル(マリウス役)を勝ち取りました。今後も見守りたい存在。*3 

 

めんじょーくん

今とてつもなく気になってる人。

正直、人生初の一目惚れな気がする。

顔は好みだけど、結局芝居歌ダンスがダメではまらなかった人とかいるので、短いブームで終わるかなって思ってたのに、どうにもこうにも、ダンスが好みで殺陣とアクションが美しく、お上手でいらっしゃる。しかもちょっと変な人(そこが好き)。

助けてほしい。

 

 

 

番外:

井上芳雄くん

この順番で紹介するのもどうかと思う、舞台好きなら名前は皆知ってるだろう、ミュージカル界のプリンス。いつから好きかと言われたら実はデビュー当時からなんですけど、もちろん私も10代の頃とかは親と行った作品でしか彼を観ることはできません。大学時代は、ファンクラブに入っていました。

役者として決してファンをがっかりさせるような振る舞いをしない、そしてミュージカルを愛している彼のスタンスは今でもリスペクトしているので、彼の新作(特に歌のある舞台)はスケジュールの調整がつけば行きたいと思っています。

 

最近は推しを覚醒させてくれた人として感謝してもしきれません。

 

 

宝塚

夢と魔法の国。2016年現在は、望海風斗さんと桜木みなとさん贔屓。現在のトップスターの中だと朝夏まなとさんが好きです。組だと宙が一番好きで次いで雪花って感じです。

*1:正直デビューが決まった段階で予想はしていましたが(顔立ちや背格好的にトレンディドラマとか出れるタイプじゃない)、びっくりなのがMCポジション目標。。バラエティでワチャワチャしてるのは可愛いと思うけど、話を回すのは本当に向いてるわけでもなんでもないから諦めて欲しいと未だに思うこともある。

*2:前の事務所を辞めてフリーに、ネクストシアターに入ったり。新国立での宮本亜門演出の「サロメ」のオーディションもこのへんなのであったと予想

*3:というか思えば、2015年のお仕事は歌とダンスを身につけるにはいいけど発展性はないなぁと感じていたのだけど、もしかしたら15年レミゼのオーデも受けていたのだろうか。それとも2017に向けた基礎技術をつけるための期間だったのかと思ったり