読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しの沼

客席より愛を込めて。

その発想がなかった:プレゼントとイベントの話。

前段として:もう何年もSNSTwitterのみで過ごしてきてブログの書き方が分からなくなっていたので、少し前から若手俳優さん推しの皆さんのブログを記事に関係なく読んでみたりしていて、実は戦慄したというか今現在も凄いなぁと思うことがある。

 

推しとプレゼント

皆さん、推しくんたちにプレゼントめっちゃしてる。

そしてどうもプレゼントが結構な頻度だったり金額だったりがすごい。闘うオンナって感じ。かっこいいけどこわい。恐いけどかっこいい。(語彙力

 

なんでこのテーマでブログを書こうと思ったかと言うと、先日、私、生まれて初めて「好きな芸能人」にプレゼントをしたからです。なお、当方、お小遣い制の10代のJKでもなんでもなく、ヲタ歴も社会人歴もすでに結構な長さのBBAです。

 

プレゼントをしたのは推したてほやほやの俳優、めんじょーくんです。お誕生日イベントのためプレゼントを用意したのですが、何なら申し込みの段階ではプレゼントのことは何も考えていなかったです。

めんじょーくんは、今年に入っていくつか2.5次元舞台でメインキャストを勝ち取ったことでプチブレイクした人(そして私もその一つで落ちた)だと思うので、イベントへの申し込みそのものは、さほど緊張感なく飛び込むことができました。応援したいと思ってすぐにお誕生日なのも何かの縁だし、昼夜2回まわしで昼は仕事で行けないし、夜限定だと外れるかもしれないしと思って応募したところ、無事に夜の部が当選し、参加できることになりました。

当初はとりあえず手紙を持っていけばいいと考えていたのですが、チケットに同封されたお手紙やTwitterなどでアナウンスがあったのです。要するに、プレゼントは本人に直接お渡しいただけます的なやつが。「あ、これプレゼント持ってくる人の方が多いやつだ」ということに、そこで気づいてしまったわけですね。

ちなみに今回、別に義務感や見栄でプレゼントをしようと思ったのではなく、たぶん長年最優先で応援してきた人が手紙以外は渡せない人だったので、根本的にその発想がまるでなかったんです。

 

とりあえず急にプレゼントをどうしようかという問題が浮上したので慌てて、芸能人にあげるプレゼントってどんなものなのかと色々ブログなどを拝見したら、推しが好きなor身につけて欲しいハイブランドをあげるみたいなことを仰るかたが結構いらっしゃって、中には具体的な金額で、プレゼントは毎公演ごとに○万円程度みたいな話まで出てきて、目が点になったという(冒頭に戻る)。。若手俳優推しの皆さん金回り良すぎるのでは

思えば、めんじょーくんは舞台中、忙しいだろうに、割と貰った手紙やプレゼントの写真をSNSにアップしています。どんなものをもらっているのかは定かではないですが、明らかに手紙じゃない紙袋とかも結構あったな~とそれまで流してみてた写真の中身に改めて気づかされました。

 

結局、皆さんの推しくんへのプレゼント関連のブログは、貢ぎ物がいい悪いはともかくとして熱意が凄すぎて自分にはあまり参考にならなかったので、推しくんにプレゼントをしたことがあるお友達に意見を聞き、自分なりに考えて今回のプレゼントを選びました。まぁ、たいしたことはないですが、普段使いできる消耗品みたいなものなので、普通に使ってもらえるはず。

ちなみに、プレゼントデビューはいたしましたが、たぶん今後もプレゼントは誕生日などの記念日のみになるかなぁと思います。心境の変化があれば別ですが。他人、ましてや異性にセンスの良い(相手に喜んでもらえるような)ブランドもの贈れるほど、ファッションに明るくないし、やっぱり自分のスタンスとしてはプレゼント買うならチケット買うわって感じで。今現在、余分なお金が全然ないので、毎回推しくんのためのプレゼント予算を確保するためには何か別のものを犠牲にしなくてはいけないので、それは違うかなって思った次第です。

推しくんはブランドものは自分で好きなときに好きに買えるようになるくらい、売れてくれればそれでいいですが、めんじょーくんのあまりファッションに興味がなさそうな感じも好きです。

 

追記修正:

この記事を書いてて担当はともかく、何年も推してて誕生日イベにも行ってる俳優の推し、みりんぼしくんにプレゼントしたことがないのはなぜだと自分でも思ってたんですけど、ちょっと彼の場合は特殊だった。

彼に関しては、そもそも彼を知ったきっかけに彼と仕事をすることのある知人がいるので、私はその人には差し入れを結構頻繁にしている。現状、年に数回その人と推しくんが一緒に仕事をするので、その人に「カンパニーの皆さんへ」「出演者の皆さんへ」と差し入れをしてるので、何ならそれ以上にプレゼントという発想になるはずもなかったw ちなみにその人は私が彼のファンになって舞台チェックしてるよというのは伝えてあるので知ってるけど、それ以上でもそれ以下でもないです。

 

そもそもイベントが苦手だという話

さて、プレゼントの話で察しがついている方もいるかもしれませんが、私はそもそもコンサートや舞台などの俳優やアイドルのメインの仕事以外の現場に興味があまりないし、なんなら苦手。接触イベントや近距離イベントなんてなくていいと思っている。

ここで「板の上のプロの担当くん、推しくんにしか興味がありませんからイベント関係は全部無視です!」と言い切れたら凄くかっこいいのだけど、さすがに完全に言い切ることができるほどはできたファンではないです。

見た目も込みで推しくんが好きだから「見れる」のは単純にいいと思うし、イベントで推しくんがどんな話をするのかはそれなりに気になる。ただファンサービスとして俳優モードではなく接待するファンミはともかく(申し訳ない気持ちになるので苦手です)、やはり誕生日だったり、記念年のイベントならお祝いしたい気持ちはあるので、そこはやっぱり行きたいと思います。

 

担当くんに関して言えば、舞台やコンサートは国境なく追いかけるし、全国ツアー全ステも、舞台1ステージ20公演以上も何度もやってるのに、番協や番組観覧は平日休日に関わらず一度も応募したことがないです。シンガポール公演は発表されてすぐにHISに行ったのに、CD購入抽選イベントは申し込み自体よく忘れるので興味のなさがすごい。ちなみにインド旅のイベントはトークが聞きたいから2BOXして申し込みしたけど当たらなかったです。後輩グループの応援で握手会に召集されたときも、周りの知り合いが大量にCDを購入してここぞとばかりにいろんな会話をしているのに、私は動員要員として呼ばれたのだから行くだけは行こうと半ば義務感みたいなものを感じて2枚CDを買い、言えた言葉は「ずっと応援してます」と「大好きです」だけだった。ちなみにプレゼントはそもそも手紙しか受け取ってもらえないけど、担当が初めて「笑っていいとも」に出演が決まったときは自己満足で友人たちにも声をかけてスタンド花を出しました。これは担当にというより、いいともスタッフやフジテレビの人に担当の人気を伝えたいって気持ちもあったかも。

 

推し(みりんぼし)くんの場合は、ニコ生の番組を持っていることもあり、公開放送なんかで特典握手で次の舞台チケットが売られることがあります。そういう場合は、そもそも公開放送自体も私にとっては優先順位はさほど高くないのだけど、入った場合はこちらもチケットが余ってるからこそイベントで売ってるんだよなと思ってしまうので、追加できる場合はチケットを購入する。特典の握手の際には、とにかく事前に考えていたことを伝えるということだけを意識しているのだが、一度、握手の手を割と自分からすぐに離して、何とか伝えたかったことを言い切ったら、おかしなことに推しくんの方から嬉しかったらしく、もう一度手を握ってこられて非常に困ったというおかしな思い出がある。(買ったチケットは一枚。。握手も本来は、、一回のはずである)

 

たぶん、最も若手俳優界隈の方からすればおかしな話としてはもう一つ。以前に別の俳優くんのファンクラブに入っていた頃の話。チケット購入の特典もイベントも盛りだくさんで私が入ったことがあるファンクラブで一番ここが手厚いな~と感動していたのだが、一方で自分は温泉バスツアーはまずもって行かないし(なんと入会している間に2回か3回くらいあった)、2ショットチェキとかしんどいし、チケット大量に買うと楽屋訪問できるらしいが、まかりまちがって全通分のチケットをFCで買うにしてもそんなイベントはご遠慮したいと思っているので、逆に逆に自分はファンクラブの元が取れないなって思ってしまって更新しなかったという思い出である。

ただし、過去私が一番好きなファンクラブイベントをやってくれたのもこの俳優くんのFCなので(映像化されていない舞台の秘蔵映像などを投影しつつ、俳優くんがその年の舞台のお仕事の思い出や裏話を語ってくれるという形式。宝塚のお茶会の豪華版みたいな神イベ。事務所舞台が多いところとか、舞台制作との関係が良好な事務所はぜひこの形式のイベントをやってほしい)、本当に彼に興味があって接触イベントが苦手じゃない方には心底おすすめしたいFC。*1

 

これは現在も私が直面してる問題なんですが、*2若手俳優ファンの皆さんは、接触イベント、特に旅行系とかをどう乗り越えているんだろうか。どうやって同担?(同厨?)の相方をみつけているのかが気になって仕方がない。ブログとかでは同推しの友達はいないと仰る方も多いが宿泊を伴うときぼっち参加とか精神持つのだろうか?*3

そもそも板の上と客席という距離があるから堂々とガン見できているというのに、どうやって何もないところで推しくんと近距離でいられるのか、何を話すのかとか全部まるっとアドバイスが欲しい。ファンミーティングの類に慣れていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、何卒教えを請いたいところ。

 

 

めんじょーくんの誕生日イベントはとにかく初めてのバースデーイベントを開けたというめんじょーくんが可愛くて、その表情が近くで見れたこと、2ショットチェキタイムは心底地獄だったけど、プレゼントは手渡しして「使います」と言ってもらえるのは嬉しいなと思ったし、何より今回のイベントで、彼を今後推すにあたって、できれば早めに知りたいなぁと思っていたことのいくつかを話してもらえたのは凄くありがたかった。これがあるから、イベントも無視できないんだなぁとも思えたので、つくづくこの世は沼地でできている。

 

なお、2ショットはどーーーーしても、自分の顔とめんじょーくんの顔だけを並べるのが嫌だったので、普段なら俳優さん本人のイベントでは禁じ手だと思っているキャラグッズ(紫のツキウサ)を持参でなんとか絵面をごまかしたのだが、きっと古株さんの中ではそれを不愉快に思った人がいると思う。(自分がツキステ。以前からのファンだったら嫌だ)2ショットが本当に苦手なのでご容赦いただきたい。

ウサギをいじるめんじょーくんは本当に可愛かったし、今後も2ショを含むイベントがあって、ツキステ。を卒業後の場合は持ち込まないようにしたいけど、ほんとどーしたらいいんだろ。。

 

*1:ホリプロのミュージカルメインの俳優くん。ホリプロは宝塚のOGも多いし、舞台役者ファンのFCがどうあるべきかっていう情報をたくさん持ってるんだろうなぁ

*2:めんじょーくんの事務所はアットホームな感じで事務所舞台をやってることもありイベント関係が非常に手厚いというか多い気がする。

*3:知らない同担との4人部屋で推しがお部屋周りとか考えてただけで恐い