読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しの沼

客席より愛を込めて。

雪組『私立探偵ケイレブ・ハント』『Greatest HITS!』

今年の宝塚おさめは雪組の本公演です。現役タカラジェンヌではだいもんの歌が一番好きだから大好きな歌で気持ちよく宝塚おさめできて幸せです。

ちなみに芳雄くんとだいもんが好きな私は今年のディズニーコン@大阪は最高にハッピーでした。だいもん、来年はおそらくトップスターになると思うので、次に共演があるとしたら退団後とかになっちゃうかなとかそんなことまで考えちゃうけど、ますますのご活躍を期待しています。

 

ミュージカル・ロマン『私立探偵ケイレブ・ハント』
作・演出/正塚 晴彦

正塚先生らしい作品。正直、派手さはないです。

もともとミステリとか探偵ものが好きな私としては、事件の展開そのものは、全く予想外なことが起きないので物足りなさもあるものの、肩の凝らないチームもの、正塚先生と言えばなスーツとソフト帽!を堪能できて名作とは言えないけど、割と好きな作品。

役は下級生全部にまで出番があるほど多くはないけど、路線キャストはそこそこ見せ場があり、芝居を見てるうちに、この脚本の「前後」の話が知りたくなるようなそんな味わいのある芝居。雪組の中堅〜路線スターが好きな人なら通うと楽しいんじゃないかなぁという印象です。

一年中、海外ミュージカルってわけにもいかないし(ショーも見たいし)、名作と言われても、毎回ウエクミ先生の作品で大号泣もしたくないわけで(ウエクミ先生の作品は好きですよ)、結構好きな、そして今勢いのある雪組でこう言う作品が観れたのはいいなぁと思うわけです。

スターのピラミッドがしっかりしていない、トップコンビの相性が悪い組でこう言う作品やったら確実に駄作認定だとは思うんですけど、後述しますが、上から下までの組子のまとまりがあると味わい深い作品です。

 

雪組は私が好きなだいもん(望海風斗)がいるので、まずはそこから。今回は久しぶりに主役と一切対立しない、白くて(クリーンで)可愛い役でした。

主人公のケイレブの相棒ということで同じ探偵でも気持ちで動く身軽なケイレブとは違う、どうも頭脳派っぽいジム。最初こそ、黒くないだいもんが久しぶりすぎて、悪い社長風に見えましたけど、お芝居を見てるうちに、可愛いワンコに見えてくるという。。

お芝居や衣装、すべてがおしゃれで可愛いんですよ。これは通ったらお芝居のいろんなところが見えてまた違った楽しみができるんだろうなぁと通えていない身でギリギリとしましたw

歌えば当たり前の美声ですし。お芝居ではラスボスソロとかではなく、探偵仲間たちと一緒に歌う感じでしたが、だいもんと歌うと咲ちゃんとか、一緒に歌ってる人も上手く聞こえるのはすごいなぁ。

 

他のキャストで今回は目立ったのは、やっぱりれいこちゃん(月城かなと)。彼女は正統派二枚目だし、悪役がかっこいい。今回、ショーではエトワールでしたが、歌も以前より上手くなったような気がします。彼女は日本モノが好きと公言している二枚目スターなので、組み替えで雪組を出るのはもったいなく思うんですけど、どうしても真面目、爽やかな正統派から抜け出し切れない部分もあるので、月組で個性を磨いてほしいです。個人的に95期はずんちゃんとれいこちゃんが好きなので応援してます。

彩彩(彩風、彩凪)はもちろん与えられた仕事はしてたけど、特に生三番手なはずなのに咲ちゃんはあんまり印象に残らなかったなぁ。翔くんのがまだこんなかっこいいのにちょっと頼りない刑事いるの!ってなったかな。

そして、やっぱりがおり(香綾しずる)はうまい。典型的な宝塚の謎の男で最初から最後まで無表情で言葉も少ない男。話のキーパーソンなんだけど、いなくても物語は進む。そういう役って下手な人がやると本当に浮いて作品を台無しにしちゃうと思うのだけど、がおりがやると、あー宝塚あるあるの昔因縁のある男来たわあああってなるし、話が台無しどころかしまる。彼女みたいな人がスターとしていると作品を観る楽しみが増えるよね。もっともっと活躍してほしいです。

 

スターさん以外だと、探偵事務所組の細かい芝居がとってもおしゃれ。コーヒーメーカーにこだわるコートニーさん(早花まこ)やひっそりジムを名前呼びしたいダドリー(真那春人)たちのちょっとしたシーンの芝居が粋で、多分事務所組の芝居がなかったり、クスりと笑わせる芝居になっていなかったら(過剰だったら)、この芝居は完全に駄作だったと思うし、そういう芝居ができる人がいると正塚先生のお芝居って楽しいんじゃないかなっていう印象です。

 

主役のちぎみゆはもちろん可愛かった。本当にこのままこの二人でアメリカンドラマで探偵物やって欲しい。

 

ショーグルーヴ『Greatest HITS!』
作・演出/稲葉 太地
東京公演がクリスマスにかかることもあり、クリスマスナンバーを含めて、どこかで聞いたことのあるメロディーばかりを集めた王道ショー。
 
楽しい。シンプルにそれですよ。
結局、人事的なことになっちゃうんだけど、相性のいいトップコンビに実力のある二番手、そして路線のタイプの違うイケメン男役と可愛い娘役がたくさんいるという、宝塚の理想の組の形が今の雪組にはあるので本当にあっという間なんです。
 
雪組はだいもんを除くと歌が弱いなぁと感じていて、今回急に歌うま組になったとは思わないんですけど、ただこのショーを見ていて、以前より良くなったなと感じました。
ドン・ジュアンとかで鍛えられた部分に加えて、だいもんのソロからのつなぎをダンスなどで上手く見せていて構成の妙だなと思います。
 
だいたい雪組が誇る超絶イケメン(大ちゃんと、れいこ)をトナカイに引き連れてトップスター様がサンタクロースしてくれる時点で雪組のサービス精神はすごい。
 
それ以外だと、だいもんの赤い戦士の場面がやっぱり印象的。
あそこだけ、なんか別のミュージカル始まってた。。あれ膨らましてイケコのロミジュリみたいなの作れそう。。
 
 
宝塚らしさを詰め込んだ雪組で、宝塚らしい二本立てが観れて満足。
今年の夏くらいまでは、久しぶりにがっつりと塚ヲタになるのも楽しいなぁって思ってたのに、人生何があるのか分からないもので、久々に若手俳優な推しが増えたり、若手俳優なのか??って感じの立ち位置だった元からの推しにでっかい仕事が決まってそれどころじゃなくなったりしたので、日付だけ聞いて行かなかったお茶会が二回。。
 
結局、来年も宝塚とは緩やかに付き合っていく予定です〜。