読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しの沼

客席より愛を込めて。

2016年観劇おさめしました。現場納めはまだです。

先ほど2016年観劇おさめしてきました。今年最後の観劇は劇団「柿喰う客」2016-2017新作本公演『虚仮威』。好きな劇団ですから、これで終えれば間違えないなってことで行ってきました。こちらは年明けにでも感想書けたらいいな。

 

現場おさめは相変わらず東京ドームでのカウントダウンです。フジテレビ系列で中継されるんでJヲタじゃない人もご存知かなと。あれ、中継される前の30分が一番大事なので、そこで何を歌ってくれるかが楽しみです。忙しすぎて放置していた12月の歌番組を昨日一昨日ひたすら消化していたんですけど、じたんのビジュアルがいいかんじにチャラかっこよかったので、楽しみ。

 

皆さん、一年の振り返りをしていらっしゃるので、私もまとめようかなって思って思い返していたんですけど、ここ2-3年はチケットの半券整理もしてないようなひどいヲタクは今年の年明けから春の記憶がまるでないです。

なにしろ、めんじょーくんにはまだ出会ってないし、内藤くんの一月の舞台は興味なくて干してるし、じたんの現場もなかったんですよ。。私、なにしてたんだろう。宝塚は本公演はほぼ1-2回は入っているのでそれは行ってるんですけど、それ以外がほんとうに記憶がないです。

 

とりあえず今年はじたんが舞台がなかったので、現場数的には少ないと思うので、今年は3桁はいってないはず。

印象に残ってるものだけ、一言でふりかえっていこうかなと。

 

ペダステ 

3月かな。ついに推しキャラがメインに。推しキャラを演じてくれた俳優さんはちょうど年末、推し(みりんぼし)とW主演してたし、もとから好印象な人だったので、丁寧に、熱く演じていただけてうれしかったです。

 

デビミュ

1月の推しの舞台を干してしまったのに、次も2.5かよ~って最初は思っていたんですけど、演出がSLAZYの三浦さんで、推しの親友法月くんもいるし、作品の雰囲気はよさそうだからと観に行きました。とってもよかったです。

再演ももちろん観に行き、改めて楽曲がいい、そのなかでもローエンのソロは最高に良曲で、内藤をキャスティングしてくださってありがとうございますとお礼が言いたい。

 

Alone with

4月。内藤くんのライブ。しかも演出、バンドありでの岡村氏との二人なのが良かった。今年は推しは舞台以外にライブイベントもいくつかやってくれました。歌うたい人も良いけど、演出する人がいて、共演者がいるということで、推しの甘えが出にくい、挑戦的なセトリで本当に楽しかったです。

それから10月の2も忙しいなかでしたが、このライブがシリーズとして続いていくと示してくれたのが良かった。来年もぜひ続けてほしいです。 

 

Yoshio Inoue sings Disney ~Dream Goes On!

芳雄くんのディズニーコンサート2年目。東京と大阪に行きました。ほんと、舞台俳優が普通に平日の国際フォーラムホールA満席にしちゃって追加公演出しちゃうのやばい。チケ取り戦争に気合入れすぎて(それなりの倍率ではあったんだけど)、大阪はまさかの母親と遠征しました。母も楽しそうで何よりでしたけど。

ディズニー愛はもちろんだけど、大阪は芳雄くんの宝塚愛が伝わったし、芳雄君とだいもんがすきな私はとってもハッピーでした。

 

雪組「ドン・ジュアン」

望海風斗主演。最高だった。雪組のコーラスがここまでがんばれるとも思わなかったし、演出も楽曲もすべて美しくて。DVD化していただきひたすらに感謝。だいもんの歌ってずっと聞いていたいくらい心地いい。

 

エリザベート

去年に引き続き、特に推しもいないけど、エリザベート大好き芸人なのです。

芳雄くんのウィーン版と宝塚版をミックスして自分に出せるかぎりのトート像は最高だったし、花様と芳雄くんのエリザは、イケコの作った日本のエリザの様式美のきわみだと思う。

一方で、世界に挑戦する、エリザベートという作品の本質的な解釈において、最高なのは城田&蘭野のエリザベートだと口を大にして主張してるのに、友人くらいしか同意してくれる人がいなくてつらい。。去年はほんとふざけるなよって感じだった蘭ちゃんの歌もだいぶましになったし、ほんとうにUくんトートと蘭ちゃんシシィは私のエリザベートの演劇的な解釈としては一番好きな組み合わせなんですけど、私が芳雄くんファンだし、歌は芳雄くんで聞きたいから、いくら主張してもUくんに蘭野さん押し付けるなみたいに言われちゃうのがつらい。私はDVDを城田蘭野で出してくれてたらどっちも買ったのに。

花さまのシシィは美しいけど、今年の後半の歌とか蘭ちゃんと大差ないくらいけっこうひどい日あったのが気になるところ。お花様、がんばって。。

歌で言えば、抜群だったのは宙組エリザですよ。みりおんシシィの「私だけに」がダントツでした。

私は宝塚版のエリザと東宝版の結構べつものとしてどちらも好きなんですけど、今年は宝塚屈指のコーラス力のある宙組、歌うまのシシィ、そこに「真の意味で物語の主役たる朝夏トート」がいて、それが非常に面白かったです。東宝版は当然エリザベートが主役なのですが、宙組エリザベートは間違えなくトートが主役です。

ことしは土曜日に帝劇でエリザ見て、日曜に宝塚大劇場兵庫県でエリザ見るとかもしたなぁ(遠い目

 

Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM

じたんの現場は今年はこれだけでした。が、それが最高だった。

基本的にツアーの演出はじたんがメインなのでツアーの出来栄え自体はそのままじたんの評価にもなるわけで、そういう意味では去年はまとまりに欠けててうーんと思うことも多かったんだけど、今年は本当にいいコンサートでした。

じたんが毎回、アンコールの一番最後に「最高の夏にしようぜ!」って言うんですよ。

最高の夏の最高の時間を2時間半くれた最後に、明日からの夏の日々もじたんは最高が続くんだなって思うと、まぶしくって自分もがんばろうって思えた。

ツアー日程を夏にかためてくれたのは行きやすくて良いんですけど、いかんせんお盆の時期の福岡ドームだけはなんとかしていただきたく。。普通に宿と往復で10万近く飛んで眩暈がしたぜ。。

なお、最高の夏の記憶を閉じ込めた、DVDが発売されましたので、皆様どうぞよろしく。

 

ツキステ。

4月の初演の直後、友人がツキステがやばい、黒年長がってずっとダイレクトマーケティングしてきたわけです。8月のサマライ、10月の夢見草、12月のルナライすべて楽しかったし、まさかここで推し俳優が一人増えるなんて思いもしなかった。


恋するブロードウェイ

毎年最高なんですけど、今年はとくに推しの成果が現れてて最高な気分で全通。

来年もゲストでもいいから何とかでてほしいなぁ。


あまつきつねの鬼灯

ツキステに出会い、めんじょーくんに出会い、そしてGEKIIKEに出会えたのは本当に2016年で一番うれしい誤算でした。


ほかにもいろいろあったはずなんだけど、とりあえず印象的なのはこのあたりかな~。

今年もありがとうございました。